【CCC(Crowd-Created-Canvas)】NFTの買い方|初心者向けにわかりやすく解説!

この記事で解決できるお悩み

  • CCCって何?
  • CCCでNFTを買おうと思ったけど、買い方がわからない

実は、初心者でも簡単にNFTマーケットプレイスであるCCCで、NFTの購入はできますよ。

この記事では、NFTマーケットプレイスであるCCC(Crowd-Created-Canvas)でNFTを購入する方法についてわかりやすく解説していきます。

準備するもの

  • ウォレット(Plugwallet または Stoicwallet または Internet Identity
  • 暗号資産($ICP)

以上が必要です。

ここまで準備できれば、あとは簡単です♪

NFT購入するには、事前に以下のステップが必要です。

手順1〜5については、各リンク先で詳しく解説していますので、参考にしてくださいね。

事前準備までのステップ

ウォレットに$ICPが入ったら、さっそくNFTを購入してみましょう。

CCC(Crowd-Created-Canvas)とは?

Crowd Created Canvasは、Dfinityコミュニティによって作成された、初めて収集可能なコラボレーションピクセルアートワークであり、ボーナスプールを共有し、NFTを取得します。

引用元:https://sdnoa-fiaaa-aaaah-aaubq-cai.ic0.app/

とホームページでは紹介されています。

簡単にいうと、

NFT(ICPチェーン)のマーケットプレイスでもあり、

みんなでお絵描きしたイラストをNFTとして販売するサイトです。

最近ではCCCでローンチするプロジェクトも増えてきているので、今後の動きにも注目です。

販売タイプは2種類

CCCが取り扱うNFTの販売タイプは大きく分けて2種類あります。

  • 「Launchpad」-1次販売
  • 「Explore」-2次流通

【1次販売】launchpad

Launchpad:NFTの運営陣が販売する場所(1次流通)

ここではNFTプロジェクトの運営陣がNFTをセールする場所です。

全てのNFTは運営陣が決めた一律価格で購入可能です。

ただし、この時点では好きなデザインを選ぶことはできません。

ただし、レアなものがあたるワクワク感がありますよ。

直近でローンチされた「Azumi」は数秒で売り切れでした…まさにクリック戦争

【2次流通】Explore

Explore:Launchpadで購入した個人が、そのNFTを売買する場所(2次流通)

ここでは、LaunchpadでNFTを購入した個人が、そのNFTを売買することができる場所です。

Launchpadで購入後に初めてデザインNFTの中身を見て、あまり好みでないものを売ったりします。

ここでは好きなデザインを選んで購入できます。

ただし、販売価格は売る人が自由に設定できるので、Launchpadでのセール価格よりも高くなることもあります。

Launchpadでレア狙いにするか、Exploreで好きなものを買うかは人それぞれです♪

launchpadでNFTを購入するまでの手順(1次流通)

まずは、CCCの公式サイトをひらきます。

STEP1. CCCにウォレットを接続しよう

画面右上にあるアイコンマークをクリック。

接続するウォレットをクリック。
今回はPlugで接続してみます。

Plugのパスワードを入力し、「Unlock」をクリック。

「Allow」をクリック。

この画面になれば、ウォレットの接続は成功です。

ウォレットが接続できない場合

  • 画面の拡大率を100%にしているか
  • Braveの場合は広告オフにする
  • 翻訳オフにする
  • 再起動
  • plug入れ直し
  • キャッシュクリアする
  • シークレットモードで、plugだけ拡張機能をonにしてみる
  • 他の常駐アプリが変な挙動で画面をオーバーレイしていないか
  • macをセーフブートしてみる
  • セキュリティソフトオフが「100%」になっているか

以上を確認してみてください。

STEP2. ICPをWICPに変換しよう

CCCでNFTを購入するにはICPをWICPに変換する必要があります。

ログインした画面で、右上のお財布アイコンをクリック。

この画面が表示されたら、変換するICPの数量を入力して、「Wrap」をクリック。

ウォレットから注意のメッセージが表示されるので確認して、「Confirm」をクリック。

変換は数秒で終わるかと思います。

「successful」のポップアップメッセージが表示されれば成功です。

STEP3. LanchpadページでNFTを購入しよう

右上メニューの「Launchpad」をクリック。

直近でセールしている、NFTプロジェクトが表示されるはずです。
そこで「Mint」ボタンをクリック。

Azumiは完売してしまっているので購入できませんが、セール期間中であれば「Buy」ボタンが表示されます。

「Buy」ボタンをクリックし、ウォレットからのポップアップメッセージを確認し「Confirm」をクリック。

これで購入は完了。ガス代は不要です!!(嬉)

STEP4.NFTが購入できたか確認しよう

マイページにいくため、右上のアイコンをクリック。

「Collected」「NFT」をクリック。

保有しているNFT名が表示されるので、確認したいNFT名をクリック。

そこで、保有しているNFTが表示されます。

Launchpadでのセールの場合、購入直後はデザインが見れないこともありますので、各プロジェクトでどういう仕様になるのか確認しておきましょう。

ExploreでNFTを購入するまでの手順(2次流通)

STEP1〜STEP2は、「Launchpad」で購入の場合と一緒です。
「Explore」をクリックしてSTEP.3へ。

STEP3.「Explore」ページで好きなNFTを購入しよう

まずは好きなNFTプロジェクトページにいきましょう。

好きなNFTを選びましょう。
右上の「Price:Low to High ▽」をクリックすると、並び順のメニューがでてきますので、目的に合わせて並び変えも可能です。

「Current Listings ▼」をクリックするとメニューがでてきます。

「Current Listings」は現在購入可能なNFTのことです。
「Sold Listings」は既に購入済みのNFTのことです。

一覧ページで気になるNFTの画像をクリックすると詳細ページが見られます。

この詳細ページでNFTのトレイトを確認したり、これまでどういう価格でやりとりされたかを確認できます。

購入するNFTが決まったら、「Buy now」をクリック。

ポップアップが表示されるので、「Payment」をクリック。

これで購入できました!

次のSTEP4もLaunchpadと同じ要領で、購入したNFTを確認してみてください。

以上CCCでのNFT購入方法のご紹介でした。

-ICPのNFT, ICPのすすめ∞, NFTの買い方, NFT投資
-, , , ,