【NNS】ICPをステーキングし報酬をもらう方法!!

【NNS】ICPをステーキングし報酬をもらう方法!!画像たっぷりで解説

この記事で解決できるお悩み

  • 暗号資産のステーキングに興味はあるけど、やり方がわからない
  • ICPをなるべく増やすには?
  • 8year gangsって何?

こういったことで悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する『NNSロック』を手順どおりにすると、誰でも簡単に$ICPのステーキングを始めることができます。

そもそもICPって何?というかたは、まずはこちらの記事をどうぞ。

実は私も最近8YearGangデビューしたのですが、既に$ICPを持っている場合であれば、10分程度で完了します。

この記事では、NNSロックの概要と、具体的なステーキング手順をたっぷりの画像付きでご紹介します。

記事を読み終えるとNNSロックの仕方で悩むことはなくなります。

早速ですが、NNSロックの方法は大きくわけて以下の4ステップ▼

ステップ

  1. 事前準備
  2. NNSサイトでロックする
  3. NNSで投票する
  4. 報酬を受け取る

それでは順に説明していきます。

NNSとは?

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

まず最初にNNSとは何なのでしょうか?

インターネットコンピュータ(ICP)は、多くの独立したマシンによって実行される分散型システムです。

そしてこのICPをガバナンスシステムによって管理しているものがNetwork Nervous System (NNS)です。

そして、NNSで$ICPをロック(ステーキング)することで、ガバナンスに参加することができ、その見返りとして報酬を得ることができます。

ロック期間は、最大で8年間であり、8年ロックしているは、8YearGangと呼ばれているのです。

用語解説

NNSロックを始めるにあたり、専門用語がたくさんでてくるので、最初に用語を確認しておきましょう。

NNSで出てくるワードは以下のとおりです。

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

Neuron(ニューロン)

ガバナンスに参加するアカウントのようなもの。
一つのwallet内でニューロンを複数作成することが可能。

Voting Power(投票力)

投票に参加した各ニューロンの投票力に比例して報酬が分配される。
投票力 = ロック中のICP × 残存アンロック期間ボーナス × 経過期間ボーナス

Spawn(生成)

ステーキング報酬のICPで新規ニューロンを生成する。例えば100ICPをステーキングして成熟度が10%の時にSpawnした場合、10ICPの新規ニューロンが生成される。このニューロンはアンロック期間が7日に設定されている。

Maturity(成熟度)

ニューロンの成熟度。投票力に応じて報酬が各アカウントに分配されるが、その報酬が成熟度という形で表示される。報酬総額が1ICPに達した時点で“Spawn Neuron”のコマンドを選択可能。

Age(経過期間)

ニューロンが作成されてから経過した期間。Ageに応じて投票ボーナスが付与される。最大値は4年で投票力が1.25倍。アンロックを開始するとAgeはゼロにリセットされ、アンロック中はゼロの状態を維持する。

既存のニューロンに対してICPを新規追加した場合、Ageは追加数量に応じてリバランスされる。

Dissolve Delay(アンロック期間)

アンロック開始から完了までの期間。6か月〜8年の間で設定可能で、期間に応じて投票力にボーナスが付与される。ボーナスの最大値は8年で投票力は2倍。アンロックを開始すると残存期間がゼロに向かって進行するため、投票力が日々減少する。そして報酬は減少し続け、残存アンロック期間が6ヶ月未満になると投票不能となり報酬は獲得できなくなる。

Cycles(サイクル)

Canisters(キャニスター)の機能を使うため、ICPを変換して得られるリソース(プログラムを実行させるために必要な資源)になる。スマートコントラクトや分散型のWEBサービスを構築するたびに消費される。

Canisters(キャニスター)

キャニスターはICスマートコントラクトで、分散型WEBアプリケーションやサービスプログラムを実行や状態を管理するための機関。
プログラムの実行・管理には、ICPトークンをcycle(サイクル)に変換して、手数料を支払う必要がある。

ステーキング報酬のシュミレーション

じゃあ8年もロックして、どれだけのリターンがあるの??

って、気になりますよね。

基本的にステーキング報酬は、ロック期間が長ければ長いほど高まります。

ただし、報酬の計算パラメータはそれだけではないため、報酬のシミュレーションサイトで計算すると目安の報酬額が確認できます。

▼シミュレーションサイトはこちら▼

ICP Neuron Calculator

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

あくまでも目安ですが、100ICPを8年ロックすると、8年後までもらえる報酬は総額で115ICPという計算です。

ちなみに、100ICPを4年ロックすると、4年後までにもらえる報酬の総額は48ICPです。

ロック期間の長さは6ヶ月〜8年で自由に設定できます。

ロックする期間は、あなたのリスク許容度で判断してみてくださいね。

NNSロックの始め(4ステップ)

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

それでは実際にNNSロックを行っていきましょう。

STEP1 事前準備

1)$ICPを購入しよう

NNSでロック(ステーキング)できる通貨は、$ICPのみです。

そこで、まずは$ICPを準備します。

残念ながら$ICPは国内取引所にはまだ上場していません…

海外取引所で購入しましょう。

$ICPの購入方法を詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

【ICPとは?】暗号資産インターネットコンピューターを分かり易く解説。購入方法も紹介(初心者向け)

2)Internet Identityアカウントを作成しよう

NNSロックを始めるには、必ずInternet Identityというアカウントが必要です。

もちろん無料で作成可能。

イメージ的にはGoogleアカウントのようなものです。

Internet Identityの概要や、アカウント作成方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、こちらをどうぞ。

【ICP】Internet Identityとは?その概要と、アカウント作成方法を紹介

STEP2 NNSで$ICPをロックする

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

まずは、NNSのサイトへアクセスしましょう

▶︎ NNS

そこで先ほどアカウント作成したInternet Identityでログインします。

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

ログインしたらNNSのアドレスへ$ICPを送金しましょう。

アドレスは「My Tokens」タブで確認できます。

ここに表示されているアドレス宛に、$ICPを送金します。

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

NNSのウォレットに$ICPは入った状態になりましたか??

それでは、早速ロックしていきましょう。

さきほどのNNSサイトにログインした状態で、「My Neurons Staking」タブを開き

「Stake Neurons」をクリック

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

ステーキングするアカウントを選びます。

(アカウントは複数作成できますが、最初はMainの一つしかありません)

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

次にロックする$ICPの数量を入力します。(手数料として0.0001ICPがかかります)

入力したら「Create」をクリック

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

次はロック期間を設定します。

6ヶ月〜8年で設定できますが、6ヶ月でロックしてもほとんど報酬はありません。

最低でも1年以上のロックがよいでしょうが、あなたのリスク許容度などで自由に設定してくださいね。

ロック期間を設定したら、「Set Delay」をクリック

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

ロックするICPの数量とロック期間の確認画面になります。

内容に間違いなければ、「Confirm and Set Delay」をクリック

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

これでロックは完了です!

ちなみに、ロックすると、ロック解除の手続きをしないとずーーーっとロックされたままです。

1年ロックであっても、ロック解除をしておかないと、8年でも20年経っても引き出せません。

ロック解除するつもりの人は、ロックしたらすぐ解除手続きしておきましょう。

■ロックの解除方法

解除方法はとても簡単です。

「My Neurons Staking」タブで先ほどロックしたNeuronsをクリックします。

詳細ページに移りますので、そこで「Start Dissolving」をクリックして「Comfirm」

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

これでロック解除は完了です。

次は自動投票を設定していきましょう。

STEP3 NNSで投票しよう

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

NNSで$ICPロックしただけでは、報酬は得られません。

ロックすることでNNSでの投票権がもらえますので、投票を行います。

ただ、投票するといっても、内容は専門的なことばかりですし、毎日議案が上がっているので、

投票は自動で行うように設定しておくことがおすすめです。

自動で投票するには、団体をフォローすることで可能になります。

それでは設定していきます。

ロックしているニューロンの詳細ページを開きます。

下にスクロールしていくと、「Following」という項目があるので、

「Follow Neurons」をクリック

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

以下画像のとおり、この2項目において団体をフォローしておけば、大丈夫です。

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

これで自動投票の設定も完了です。

フォローした団体や項目は後から、いつでも変更可能ですのでご安心ください。

STEP4 報酬を受け取ろう

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

最後に報酬を受け取っていきます。

報酬は総額が1ICP以上になると受け取り可能になります。

報酬額は、ニューロン詳細ページのMaturityの部分で確認できます。

■報酬受け取り方法

受け取り方法は簡単です。

「My Neurons Staking」タブを開き、ロックしているNeuronsをクリックします。

詳細ページ内の「Spawn Neurons」をクリック

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

受け取る数量(割合)を設定し、「Spawn」をクリック

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

その後「Spawn」したICPは7日間ロックされます。

7日後に「Claim」しておきましょう。

ロックの残日数は「My Neurons Staking」タブ内で確認できます。

ICPをステーキングして報酬をもらう方法(NNS)

まとめ

今回はNNSロックの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

NNSロックの方法は以下の4ステップ

ステップ

  1. 事前準備
  2. NNSサイトでロックする
  3. NNSで投票する
  4. 報酬を受け取る

ICPは今後、社会に普及していく技術がつまっており、個人的にはすごく期待しています。(NFA)

まだ暗号資産を買ったことがないという人は、まずは国内取引所の口座開設をしておくことをおすすめします。

それではまた〜。

コインチェック

-Dapps(分散型アプリケーション), ICPのすすめ∞, ICPのウォレット, 引越し
-, ,