【wallet】PlugwalletをChromeに追加して、ICPを送金する方法を解説

今回は、ICPのウォレットであるPlugWalletについてご紹介します。

暗号資産のウォレットとしては、METAMASKが一番ポピュラーですが、

ICPチェーンのウォレットは下記のとおりです。

PlugWallet
・StoicWallet
・Earth Wallet

このなかでも私が今メインで使用しているPlugWalletについてご紹介したいと思います。

これからICPを触りたいとお考えの方の参考になったら幸いです。

PlugWalletとは

ICP(インターネットコンピュータ)用のブラウザ拡張ウォレットです。

これにより、インターネットコンピューターアプリと接続し(ログインが必要)、
インターネットコンピューターでトークンまたはNFTを保持することができるようになります。

ICP上のNFTマーケットプレイスでもあるEntrepotでもPlugWalletが使用できます。

PlugWalletのインストール方法

それではさっそくインストールしていきましょう

 

まずPlugのサイトで「Download for Chrome」をクリック。

 

 

Chromeウェブストアが表示されるのでPlugの「Chromeに追加」をクリック。

Choromにポップアップが出るので、「拡張機能を追加」をクリック。

 

拡張機能メニューのなかから、アイコンをクリックして、ウォレットのアカウント作成を始めます。

 

「Create Wallet」をクリック

 

パスワードを入力して、「I made a secure password」をクリック。

※ここでは12文字以上のパスワードにする必要があります。

 

Secret Recovery Phraseが表示されるので紙などに記録しておきましょう。

とても大事なものなので、記録した紙はぜったに無くさないように注意してください。
万が一の時に、ウォレットアドレスにアクセスできなくなってしまいます。
また、他人に知られると勝手にアクセスされて資金を抜かれるのでご注意ください。

確認できたら、チェックボックスにチェックを入れて「Continue」をクリック。

 

これでウォレットの作成ができました。

少年が踊る動画がでてきますが、これが正常のようです。

 

拡張機能メニューからPlugのアイコンをクリックして、ログインしてみましょう。

パスワードの入力が求められるので、先ほど設定したパスワードを入力し、「Unlock」をクリック

 

これでログインまでできました!

 

ICPをPlugWalletに送金する方法

ウォレットの準備ができましたので、ICPを入金していきます。

今回は、海外取引所であるBinaceから送金したいと思います。

$ICPは国内取引所では取り扱いがないので、Binanceなどの海外取引所で購入できます。

 

まずは、PlugWalletのアドレスを確認します

拡張機能からPlugのアイコンをタップしてログインし、「Deposit」をクリック。

 

Assetが「ICP」になっているのを確認し、「Continue」をクリック。

 

「From Exchange, DFX, or Account ID」Account IDが送金に使用するアドレスですのでコピーしておきます。

「Principal ID」は他のPlugWalletから送金する際に使用するアドレスので、間違わないように注意してください。

 

Binanceの出金画面移動します。

アドレス欄に先ほどコピーした「AccountID」を貼り付け、ネットワークがICPになっていることを確認。

金額を入力し「出金」をクリック。

 

PlugWalletにICPが着金しているか確認しましょう

私は数分程度で着金しましたよ

まとめ

これからICPのプロジェクトが活発になってくる気配がするので、いまのうちに作っておいてよいかと思います。

先日はPlugWalletの使用者に、CrownsのNFTがエアドロされたりしましたよ。

触っておいて損はしないと思いますので、気になる方はぜひウォレットを作って触ってみましょう!

 

ではまた!

-ICPのすすめ∞, ICPのウォレット
-, , ,